不妊で悩む前に知っておきたい卵子提供プログラムについて

おなかに耳をあてる幼児

卵子提供する側と受かる側の条件やその仕組み

マタニティドレス

卵子提供を受けたい場合、単になかなか妊娠しないからと言った理由では申し込むことが出来ません。提供をする側にも受ける側にもいくつかの条件があるのです。
例えば閉経やその他の卵子異常に関する原因で、今後も妊娠の可能性がないこと、または卵子そのものが存在しないこと等があげられます。以上なようなことは最初からわかっているケースが少なく、不妊治療の体外受精等を経て判明することが多いです。その為体外受精から卵子提供に切り替えたという女性も存在します。そして、提供者は35歳未満の女性であることが原則として決められています。加えて婚姻の有無に関わらず、子供を1人以上生んだ経験のあることが必須です。卵子提供は日本以外に、海外でも受けることが出来ます。海外の卵子提供は日本と条件に違いがあり、多少緩和されています。誰から卵子提供を受けるかは、被提供者が決められます。一般的には相手のプロフィールから先天的な異常や病歴等をチェックすることが主です。被提供者が選ぶといっても、費用面を含めばエージェンシーに相談しながら進めることが出来ます。エージェンシーは卵子提供志願者の強い味方だと言っても過言ではないでしょう。

子宮に問題ないときに有効な卵子提供

卵子提供は、赤ちゃんを望んでいる方で、子宮に問題ないときに有効な不妊治療の選択肢になります。卵子提供での受精卵の移植は、エージェンシーに相談すると力になってくれます。
卵子提供は、おなかの中で赤ちゃんを育てるために、卵子に問題があるが子宮に問題はない時に行われます。卵子提供者からの卵子は、父親になる人の精子と体外受精刺せます。受精卵を作ってから、出産を希望している人の子宮に移植します。 妊娠、出産を経験して赤ちゃんに出会うことができます。
エージェンシーと提携するクリニックで行うことができます。卵子は受精卵の中から質の高い卵子を厳選し、 妊娠成功率を高めることができます。
エージェンシーでは、卵子提供者に条件を設けているところがあります。卵子は年齢とともに老化していくので、元気な赤ちゃんを産むためにも20歳から30歳頃の健康的な女性からの卵子提供を多く取り扱っています。エージェンシーに相談できる内容として、着床前診断があり、着床前全染色体検査や男女産み分けもあります。健康状態が良ければ今まで悩んでいた人も卵子提供によって妊娠、出産を経験し、赤ちゃんがいる生活を実現することができます。

海外での卵子提供と国内での出産

卵子提供は海外で行われるものがあり、エージェンシーに相談すると無理のない程度にスケジュールを組むことができます。卵子提供は海外で行い、戻ってきて国内での出産を選ぶことが可能です。
卵子提供は、まずエージェンシーと依頼者との間でメールや電話などを使って情報交換を行います。希望通り行えるように確認したり、妊娠可能な健康状態であるか把握します。この時に不安なことや、悩みが解消できるように何でも相談することができ、卵子提供を受ける意思を確認するための期間にもなります。
意志が固まれば、スケジュールを調整して卵子提供を受けるときにお世話になるクリニックを受診し、カウンセリングや診察を受けた後に一覧からドナーを探します。そしてエージェンシーと契約し、手付金の支払いをします。その後ドナーを決定すると、ようやくドナーとの契約です。そこでエージェンシー料の支払いが発生します。エージェンシーの手配で、移植日に合わせて再度クリニックに訪れます。卵子提供のための海外への滞在期間は短期間です。戻ってきてから妊娠判定を行い、妊娠や出産は国内で行うことができます。そのための手配やスケジュールはエージェンシーが組んでくれるので、安心して任せることができるエージェンシーを探すことで、妊娠率が高まります。