不妊で悩む前に知っておきたい卵子提供プログラムについて

おなかに耳をあてる幼児

卵子提供プログラムとはどういうものか

妊娠検査薬

不妊治療の方法として、卵子提供プログラムがあります。子宮は健康上問題がないものの、卵子の要因で不妊に悩んでいる夫婦に対する治療の一つになります。第三者からの生殖機能の高い卵子の提供を受けて、妻の体で妊娠や出産を行うことが目的です。卵子提供は、子宮に問題がないので妊娠・出産の成功率はアップします。妻自信が出産するので生まれた子供は、夫婦の子供として戸籍上で実子となることができます。
卵子提供は、エージェンシーに相談すると、卵子ドナーを紹介してくれます。卵子提供プログラムで第三者から提供された卵子と夫の精子は、体外受精で受精させます。受精卵を妻の子宮に移植するので、妊娠が可能になります。妊娠するのは第三者ではなく妻の方で、妊娠期間を経て赤ちゃんを出産します。
卵子ドナーと生まれてくる赤ちゃんは、遺伝学的には繋がりがあります。そのため、依頼者に当たる夫婦は、希望にあうドナー探しを行う必要があります。卵子ドナーの健康状態や性格、学歴、血液型など細かく知ることができます。そして、写真を見て検討することも可能です。
妻は、おなかに赤ちゃんを宿すことで一緒に過ごし愛情を感じます。生まれてきた赤ちゃんは夫婦の子供として家庭に迎えることができるので、卵子提供は不妊治療の一つとして検討することができます。