不妊で悩む前に知っておきたい卵子提供プログラムについて

おなかに耳をあてる幼児

卵子提供は卵子ドナーの選考が重要

おなかを支える

第3者から卵子の提供を受けて行う卵子提供は、生まれてくる子供の遺伝子に影響します。どんな子供が生まれてきてどんな風に成長していくのか直接関わってきます。卵子ドナーの選考が重要で、エージェンシーに相談しながら行います。エージェンシーは、条件にあう卵子ドナーをプロフィールや写真で紹介してくれます。卵子ドナーはボランティア精神により提供してくれます。たくさんの女性候補者の中からこの人が良いと思える卵子ドナーと出会えるようにサポートしてくれます。
卵子ドナーになるには、厳しい事前審査があります。プロフィールには本人や家族の医療歴等の情報もあります。 写真は、顔写真と全身の写真、中には子供の頃の写真も見れる人もいます。登録者は、学生や会社員、主婦など様々な人がいます。ボランティア精神があり、健康的な20歳から30歳くらいの女性です。年齢制限を設けているのは、成功率を高めるために卵巣機能が高い年齢を考慮しています。卵子提供を申し込み後に、プロフィールを見ることができ、ドナーの紹介があります。時間をかけてゆっくりと希望に合う、卵子ドナーを探すことができます。卵子提供は、エージェンシーに相談することで候補者をたくさん紹介してくれます。卵子ドナーの選考は、夫婦が安心できる卵子ドナーと出会えるように慎重に行います。